衣替え 

ベッドの上に洋服を広げ、タンスの入れ替え第一弾です。(真冬が近づくと第二弾をやる予定)

もう絶対に着れないさよならする洋服を数点広げ、それ以外は機械的にホイサホイサと収納ケースからタンスの引き出しへ移しました。

2013100607000001.jpg

ときめき度チェックなどしてみればよいのですが、もう何度もそれはやっていて、たいていときめく洋服なので、なかなか数が減らせません。

しかし夏物は数が多いです。畳めばかなり容量は小さくなりますが、衣装ケース1つがパンパンになりました。

2013100607000000.jpg

TOPSだけでそんな感じで、スカートやパンツもクローゼットにずらりとあるうちから選ばないとな・・・・。

で、サイズが小さくてこの夏ほとんど着ることができなかったお気に入りたちがこんなに。

2013100606460000.jpg

かなり長く愛用している物も含めて10着ぐらいあります。

全部処分しようかとふと考えましたが、無理でした。

痩せなきゃ着れないのですが痩せないし・・・・かといって手放せない・・・。

つらいですね。本当につらいです。洋服が一番大好きでこうやっていつも止まってしまうのです。


洋服から断捨離するのがいいのだと聞いたことがありますが、ちょっと大変。


他は割りと決断できるのですけれど。

最近はオークション出品するほど大物がなかったのでやっていませんでした。

今回、夏物の生成りのスーツジャケットなど手放すことにしましたが、オークションでなくて買取店へ行ってこようと思います。


私が服に執着するのにはちょっとした理由があります。

高校を卒業するまであんまり・・・というかほとんど私服と言う物を買ってもらえなかった過去があるからです。

小学生の頃はいつも同じジャージばかり。小学生特有のグサリとくるせりふで「服それしか持ってないの?」と言われたこともありました。

中学生はあんまり私服は必要なく、制服とジャージでどこにでも行っていました。

高校生の遠足のときは弟の服を着て言ったのを覚えています。惨めでしたよ~~。

あと、別の遠足ではOLさんスタイルで行って、顰蹙(ひんしゅく)を買ったことも。
(そうゆう堅い服しか買ってもらえなかった。)


大学生になってアルバイトをしてやっと好きな洋服を買えましたが、ジ-パンを買ったら父親に怒られたと言うこともあります。

好きな洋服をしたい!おしゃれしたい!!と言うキモチが社会人になって大爆発しちゃったのでしょうか^^;

厳選して長く着れる物を選んで買うことがモチロン多いですが、流行の物も切るのが好きです。

小物で流行を取り入れるとか、そんな工夫もしながら今後はもうあまり洋服は数をもたない様にします。

今の洋服も時間をかけて減らしていけるようにします。0205a.gif


 クリックしてくださると、ランキングポイントが加算されるようになっています。
         よろしければ、どうか1日1クリックで応援してくださいね



美・快・楽ジャーナルへも遊びに来てね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osouji88.blog29.fc2.com/tb.php/973-a7778ed3