禁断の物置小屋に着手 

こないだの日曜日は今までに無いくらい汗水流して頑張りました。

禁断の物置小屋に着手したのですよ!

この物置小屋は子供の頃に悪さをするとおしおきとして閉じ込められたという部屋でして、真昼でも真っ暗で、かび臭くてねずみや猫が時々鳴き声を出す・・・そんな恐ろしい部屋です。

私は今でも怖くてその部屋にはほとんど入ることはありません。入れないです。

そんな物置の入り口(画面上部の真ん中あたりのドア)から次々と物を取り出しました。



父が中に入り、私が外で物を受け取るというバケツリレー方式を取りました。

画像には全部写っていませんが、凄い量の物が庭にごっちゃごちゃに並べられて、この始末が大変で大変で、その日のうちには終わらなかったです。


古い書籍やいつのだか分からないような瓶や缶など大量に出たのですが、私が生まれる前に亡くなった父の母のノートや雑誌も出てきました。

1962年発行の看護婦さん雑誌が出てきたときはかなり驚きましたよ。

父は「(私の)母さんのじゃない?」と言っていましたが、両親が結婚したのが1973年だから、間違いなく(自分の)母親のなのに・・・。

(あ、私の母も、父の母も看護婦さんでした。)

会ったことのないおばあちゃんのお仕事ノートをみたときは感慨深くてジーンとしてしまいました。


父の日だったこの日、すごく父が頑張ってくれたので大いに感謝してポロシャツをプレゼント。

とっても喜んでくれました。

物置の片付けの続きはまた来週やらなくちゃなのですが、来週は土日ともにホームメーカーさんとの打ち合わせが入っています。

片付けの続きはどうなるのでしょう・・・・。かなり不安です^^;


両親が平日も頑張ってくれると助かるなぁ~。と、期待。0205a.gif


 クリックしてくださると、ランキングポイントが加算されるようになっています。
         よろしければ、どうか1日1クリックで応援してくださいね



美・快・楽ジャーナルへも遊びに来てね。

お部屋をキレイにするブログのショッピング














コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osouji88.blog29.fc2.com/tb.php/925-91df7fa5