本棚のないお部屋 

マンションで1人暮らしをしていた時に買ったサイドボード。

色や形、そして使い勝手がとってもよいので大のお気に入りです。

上には小さなお土産物の置物なんかをざーーーっと並べています。

DSCF4065.jpg

さて、この棚の下の扉を開くと、こんな風になっています。

本棚と言う感じではないけど、主に本を入れています。

DSCF4064.jpg

私は結構本を買う方だと思っているのですが、永久保存版というか、何度も読み返したい実用書みたいなものだけを手元においておき、また古本で探して買えるような小説の類は割とすぐにブックオフなんかで売ってしまいます。

だから棚の中身はこれっぽっち。

テーブルの下にもちょっと積んでおいてある本があるのですが、まだ読んでいない本が多いです。

明日(21日)から公開の映画「沈黙~サイレンス~」の原作は20歳頃に読んで衝撃を受けた本で、しばらくは手元に置いてあったのですが、なんせもう20年とか経過してますからね・・・・^^;

映画を観に行く前にまた中古で探して読もうかな。と思っています。

就職する時、感激した小説を箱に何箱にも詰めて引越しに持っていったのを覚えています。

凄く邪魔になってしまってたし、再度読む機会もそんなに多くないし、それ以降は古本屋さんを自分の本棚だと思って、管理費を払って、良いようにしてもらってるというつもりです。


学生時代は本の虫で、むさぼるように小説読んでましたっけね~。0205a.gif


 クリックしてくださると、ランキングポイントが加算されるようになっています。
         よろしければ、どうか1日1クリックで応援してくださいね


美・快・楽ジャーナルへも遊びに来てね。





こんな量しか手元に無いのですが、けっこう読書家だったんですよ~(過去形)。

今はそんなにバンバン読んでいないけど、また小説を読みたい気分です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osouji88.blog29.fc2.com/tb.php/1408-379d0004