捨てても意外と困らない 

手帳とか (3)
2015年の手帳のリフィルも買って、いつでも来い状態です。

さて、毎年毎年レフィルを取り替えて使っている手帳ですが、予備の中から2012年の使い古しのレフィルが出てきました。

すぐに捨てていたと思っていましたが、中を覗くと旅行に行ったんだなぁ~とか、この頃は仕事が忙しかったんだっけ・・・とか思い起こされて面白かったです。

写真のアルバムよりもしかしたら面白いこともあるかもしれないですね。心情とか書いていると特に。

でも、過去には執着しない私。これも捨ててしまいます。

これまで古い物を捨てられるようになって、困ったことってほとんどありません。

昔、捨てることが苦手だったなんてことが今では不思議なくらいです。

ガラクタ捨てれば・・・・の本を読んで、不安いっぱいなキモチのまま“捨てる”を断行していた頃が懐かしいです。

とはいえ、写真のアルバムはちゃんと保管しています。

あんまり見ることもないから捨てても後悔はしないかもしれないけど、気持ちとしては良い思い出は形を残しておきたいっていうのは自然にありますよね。

・・・・脱線しました。アルバムの話はさておき。

このブログを見てくださっている方の中には、捨てられない・捨てるのが苦手という方もいるかもしれませんが、私が言えるのは自分の判断で捨てた後、めったに困ったことにはならない。ということです。

自分の意思で捨てる捨てないをきっぱり決められるようになるまでが難しいのですが、決められるようになったら大丈夫。

1年使わなかったら捨ててもOK!とか色んな基準があると思いますが、それぞれの基準で決めていいと思うし、アルバムのように滅多に見ないけど取っておこうと思ったらそうすればいいと思うんです。

逆に言うと「コレがなくなったとして、私は困るのか?」と問いかけてみてもいいと思います。

困るか困らないかはけっこうちゃんと頭では分ってはいるんですよね、きっと。

例えば、今私の目の前に2週間くらいテーブルに置きっぱなしのアクセサリーがあります。

頭では要らないって分ってるんです。でも捨てられなかった。1000円位したんだよな~って思っているだけです。

そうゆう「なんとなく捨てられない」感覚の対象がたくさんになってくるとはっきり分っていたことが相対的にぼんやりしちゃうこともあります。

1個ずつ、物と向きあって問いかけてみながらこれからもっともっと物を減らしていこうと思います。

とか言ってて、服はなかなか減らせない私でした~~。これも課題デス^^;


なんだか久しぶりにアルバムを開いて見たくなっちゃいました。0205a.gif


 クリックしてくださると、ランキングポイントが加算されるようになっています。
         よろしければ、どうか1日1クリックで応援してくださいね



美・快・楽ジャーナルへも遊びに来てね。

楽天オークションへはコチラからどうぞ




  

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osouji88.blog29.fc2.com/tb.php/1197-14e632f9