心みがき 

今回はお片付けに関連した面白い本をご紹介したいと思います。

だいぶ前に読んだ本なのですが お金がたまる人たまらない人 タイトルのとおり、お金についての本です。

この本の著者である丸田潔さんは、いわゆるマネーライターで、金融商品や節約について広く取材して週刊誌・月刊誌の記事を書いていた方です。

雑誌の読者など、色々な人の取材を通じ、様々な家計状況・貯蓄体験の実態を数多く見てきた経験から書かれた本がこれなのです。

若くして大金持ちだったり、一方で借金地獄に陥ったような人を多く見てきた著者の語り口はとてもリアルで、なるほどね~と納得するような内容の一冊なんですよ。 私の大事な一冊になっています。

この中で興味深いのが、、、

「たまる人」の家は掃除が行き届いている

100円グッズが好きな人はお金がたまらない

貧乏くさい風体ではお金はたまらない、、、という見出しで書かれた節。

著者の勝手な思い込みではなく、取材を通じた人間観察を重ねてきたうえで辿り着いたセオリーとして書かれているので本当に納得してしまうのですが、全く私も同じように思う瞬間がよくあります。

仕事でよそのお宅だったり会社だったりお店だったり、あちこち訪ねていくことがあったのですが、金銭的に、また人間関係に大きな問題を抱えているような人のおうちはもう気配でなんとなく分かるんですよね。

「あ、ここなんだか大変そうかも。」って。

それは例えば窓辺の乱雑さだったり、雑草の伸び方だったり、壊れたままの何かが外に放置してあったり、収集所に出せばいいだけのごみ袋が積み重なっていたり、、、。

ニュースで流れる犯罪者の家も“それらしい”家であることが多いのは皆さんも感じるのではないでしょうか。

逆に、お金持ちや、成功者と言われる人の家はとても綺麗であることが多いですよね。

キレイな空間って、心に落ち着きとか安らぎをもたらしてくれるし、行動もなんとなく優雅になりますよね。お花を飾ったり、いい香りが漂っている時はとってもそれを感じます。

さてもう1つ、お掃除を心磨きと捉えて活動している「日本を美しくする会」という団体があるのをご存知ですか?

団体のHPに掲載されているたくさんの笑顔の写真がとてもキレイに磨かれてピカピカした心のありようを如実に表しているのがステキなんです♪

banner2.gif
↑ニコニコになれる爽快感のあるお掃除がしたいね~って方は是非クリックしてくださいね

書きながら、雪がちらほら舞う外を見ていたのですが、窓を開けて空気を入れ替えたくなりました。  今日はこれから厄落とし掃除を頑張って、爽やか笑顔ですごすぞ~~~!

コメント

なるほど~。
私も思い当たる節が多々あります。
100円均一もすきです。
まぁいっか、100円だからといって、余分なものをかったり
妥協してそれでまかなったりすると
結果的に、家具の統一感が測れなくなったり、美観を損ねたり・・・

物を手に入れる手段で、高額でいいものを買うことがベストな選択ではないけどやはりその方が、物を大事にしたり長く使うということになるのかもしれません。
いずれにせよ、自分が納得して物選びはしたいものですね。

カナ→ヒトさん
こんにちは! コメントありがとうございます。そう、そうなんですよ~。
100円均一が悪いというのでなく、高ければいいのではなく、この本は“お金のたまる”という観点で書かれていますが、すっきりと、必要なもの、そうでないものの見極めをキチンとできるヒトが人生の見通しを持って生活できるということを書いているので、色んな勉強になります。

中山庸子さんの本にも、¥100SHOPにはいくことをやめよう・・・みたいな内容が書いてありますね。
わたしも一時まったく行きませんでした。
最近は必要なものだけ買いに行くというスタイルでたまに利用。
部屋の環境はその人にあらわれるというのもこのセオリーでしょうか。
家にはやっぱり生き方もでてくるのでようね・・・。
今からちょっとお掃除しよう!
v-433v-433v-433

ガラクタ捨てれば自分が見えるも、衝撃的ないい本を教えてもらいまいましたが、今回のも、面白そうですね。

部屋が要らないもので占領されている時は、ダイエットも明日からって感じで、いつまでたっても、痩せないんだけど、お金もそうかもしれません。

あと、外見も、やっぱり大事ですよね。いくら、中身で勝負といっても・・・。

カナ→mioさん
こんにちは!いつもコメントどうもありがとうございます。
100円ショップにはいいものもたくさんあるからみんな行きますよね~。だから一瞬ドキ!ってすちゅと思うんですけど、ただ”100円SHOP好き”というのを、“要らないものまで安いというだけで買ってしまう人”という風にな見方で語ると“無駄が多い人”となってしまうのにはきっとみなさんも納得しちゃうのではないでしょうかね。
mioさんい言うように「生き方」が出るというのには凄く頷いてしまいました。

カナ→watanabeさん
こんにちは! コメントどうもありがとうございます。この本はBOOK OFFでなんとなく手に取ったのですが、お金のことはモチロン、いろんなことに通じる内容だったのでおススメですよ!「貯まるための資質はお金とは別のところにある」という風に書いてあって、ごくごく普通の心得なんですが、大事なことを確認するかのように読んでいくことができました。
服装のことについては、はっきり書く人は意外とコレまでいなかったように思います。特に男性の方がこうゆうことを言ってくれるようになってきたというのは嬉しいです。日本の“清貧の美徳”のような考え方がまだあるからなのでしょうかね。

こんばんは。

凄く興味がわきました。読んでみたいですね。
ブログを読んでから、まわりを見てしまいましたよ。うーん片付けしないと!

最近¥100ショップの食器にハマりました。
真っ白いやつ、いろいろ揃え、もともとあった使わない食器はサヨナラしました。食器の色揃っただけでも違う~なんて思ったり。

¥100の物でも「本当に必要か?」と考えてから買います。
【捨て生活】を始めてからこうなりました。

カナ→chiharuさん
こんばんは!コメントどうもありがとうございます。機会があったらどうぞ読んでみてくださ~い。数年前の本なので、Amazonとかで安く買えるかもしれませんね。
今日は私もお掃除をしたら本当にゴキゲンになってしまいました♪
気持ちの持ちようで楽しめるもんだな~と思いました。

カナ→riruさん
こんばんは!いつもコメントありがとうございます。そしてそして今回も同時投稿ですよ~~!すげー(興奮)。
100円しょっぷでもすごく掘り出し物ってありますよね!原石を探すような楽しみがあるのに気付いたので、行くようになりました。で、何も買わないで買えることが出来る自分に、よしよし、、、とか思ったりします。
riruさんのように考える方は間違いなく「たまる人」に入りますね!
横浜で豪華ディナーも、もうすぐですね(笑)。

100円ショップですかー
なるほどすぐバレますもんね
やはり妥協してしまうんでしょうか
せっかくお部屋に置くものなんですから 後ろめたさは感じたくないものです 自分は道具として利用させてもらってますねあそこに行くと様々なアイデアが浮かぶんです

カナ→サトケンさん
こんにちは!サトケンさんの言うアイディアって何だかピン!ときましたよ!分かります。モノ探しも面白いですが、一般的な用途にとらわれず、いろんな可能性を探るのも楽しいですよね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osouji88.blog29.fc2.com/tb.php/101-bf2d39a4