ここは1本でいいのだ 

使用頻度の多いモノをとりだしやすいようにとカゴのまとめてテーブルの下に置いてあるのですが、この中のペン立に、いつのまにかペンが増えていました。

テーブルの上のレシート同様にほんっとにちょっとしたことですが、こうゆうプチ・ごちゃプチ・ストレスになってるんだよな~と感じます。



数本ですが、出しておいているモノだけに、極力ゴチャゴチャ感を漂わせたくない箇所です。
シャープペンシル、ボールペン、ラインマーカー(読書のときにラインをひく私)、それにはさみがあればOK!それぞれ1本あれば充分です。

2006_0129a0023.jpg

最近はノリを使うことも多くなったので、これも移して入れました。
スティックのりじゃなくて、こっちの方が好きなんです。クラシカルでしょ。

会社でもペン立てにギッチギチにペンを差し込んでいる人いませんか?

乗車率300%くらいになってて、そんな人に限って(というか、必然性を感じますが)「青いのがない!ない!」とか言って人のを持っていき、そして返してくれません(実体験)。まったくもー

それはさておき、このペン立ての他に文房具入れと筆入れがあるのですが、どちらも改めて見たら凄いことになっていました。
次回ご紹介したいと思います!

ファブリックペンシルスタンド
ペン立てだけじゃなく、キッチンのお玉やしゃもじなども、ついつい使っていない似たようなのが増えていたりしませんか?

もっと身近なスプーンやお箸も意外と増えて困っているという方もいるかもしれませんね。一度、引き出しごと持ち出して中身をチェックしてみるのもおススメです!

banner2.gif
↑ペンってホントに増殖するような気がするって方は是非クリックしてくださいね

気管支炎はほぼ回復したのですが、サーバーの調子が悪かったのか、4回目の正直でやっと更新できました~~!!
それでも毎日覗いてくださったり、コメントをお寄せくださったり、皆さまどうもありがとうございます!!

おしゃれグリーン♪ 

我が家のミニ・パキラちゃんです。

ぱりっとした質感の葉っぱがなんとも言えず清涼感があって人気のグリーンですよね。

もっぱらお部屋の中に置くだけで、そんなに埃などで汚れているはずも無いと思いきや、拭いてみたら意外と汚れていましたよ!!





2006_0114a0022.jpg
手のひらくらいしかない面積なのに。

以前、2メートルはあるかという大きな鉢植えを置いていました。
↓まったくこんな感じのでした。ドラセナ・コンシンネ♪
ドラセナ・コンシンナ・約 170cmおしゃれなお部屋にはこれくらい大きなのがなくっちゃ絵にならないのよね~なんて、引っ越してきてすぐに買ったのですが、日当たりがイマイチだったようで、2年くらいで枯れてしまいました。埃を拭くのがものすごく大変だったのに~。

春になったらまた大きめのが欲しいのですが、日照や気温の他にも病気に強いかなど、考慮する点は意外と多そうです。
このショップは育て方などが詳しく書いてあって、参考になるうえに、鉢のデザインもオシャレで見ているだけで楽しいのでおススメです!!

見た目のスタイリッシュなのを選んでしまいがちでしたが、今度は育てやすさにも注目して選びます!!

banner2.gif
↑おしゃれなおウチにはステキなグリーンがあるよね~って方は是非クリックしてくださいね

気管支炎だったみたいで、夜に死にそうなくらい咳き込んでいました。皆さんはインフルエンザとか大丈夫ですか?
明日も点滴だけ打ちに病院です。でも治りかけでお休みってちょっとラッキー

捨てるには惜しいモノ 

いらないモノを潔くポンポン捨てることが出来たら、すぐにお部屋はキレイに近づくし、それよりも散らかることなんてないだろうな~って思います。

もう捨てるしかないようなモノばかりだったら苦労はないのですが、「捨てるには惜しいモノ」が悩みのタネになりますよね。

状態が良いからこそ捨てるには惜しいというモノならばオークションがおススメです。
リサイクルショップに持っていっても数十円にしかならない洋服が時には数千円で売れたりするから楽しいんですよ~~!!

私が出品してすぐに売れたモノを一部公開しちゃいましょう。

なんと7~8年近く前に買った靴。足に合わなくて1回しか履かなかったのですが、捨てられなくて保管していました。久々に見たら、状態が良かったし、履けないデザインでもないな~と思い出品したらすぐ売れちゃいました。


母が2年前に衝動買いしたカーディガン。サイズが小さくて試着しかしてなかったんだそうです。このデザイン、ちょっと古いか、、、と思いましたが、スタンダードなデザインだし状態も良かったのですぐ売れました。
t0051.jpg

これも何年も前にお土産でもらったモノですが、使わないので売りました。
a0101.jpg

これも10年位前(!)に買ったバッグですが、名前のおかげですぐに売れました。頻繁に使っていたわけではないので状態も悪くなかったんですよね。
49859292-1.jpg

結婚式用にと2年前に買って、3度くらい使ったものの、もうあまり使わないな~と思って出品。
気に入っていましたが、また誰かが使ってくれるというのは嬉しいものです。
49851703-3.jpg


オークションで最初に買い物をした時、失敗したくないからとかなり慎重でした。1度など、タバコのにおいが染みこんだヨレヨレのカーディガンが届いたことなどあってがっかりしたものです。
一般の人が出品してるんだし、いろんな価値観の人がいるもんだな~と感じました。

オークションってなんだかんだ言って、やっぱり手間は掛かります。
お小遣いがもらえる分、楽してホイホイってな具合にはいかないもんですね。
それでもモノが他の誰かに活用してもらえるのは気分がいいし、捨てずに済むのが何よりです。

とにかくたくさんある服をスグに片付けたい!!という方にはオークションはおススメできません。

費用をかけてでも寄付するという方法はどうでしょうか?

NPO法人である日本救援衣料センターが途上国へ古着を送るという活動をしています。
古着の提供&海外送付料を負担するというカタチでボランティアができるんですよ。

ただで手っ取り早くモノを処分できる方法というのは少ないんですね。
それでも収集所に出せば最終的な処分をしてもらえるのだから、そのありがたみというものも記事を書きながら感じてしまいました。

banner2.gif
↑オークションやボランティアに興味を持った方は是非クリックしてくださいね

なまむぎさんともコメント欄でお話してたのですが、お気に入りなんだけど、流行おくれみたいなどうにもならないものがネックなんですよね~。

反省と自信 

「さようなら(捨てる)」の基準について、私なりにルールとまではいかないけれども、意識している2つの言葉があります。

  ①昨日ソレがなかったことで不便を感じなかったのならいらないモノ。
  ②前から自分が欲しいと思っていたモノ以外はいらないモノ。


例えばこないだ(前々回の記事です)の免許更新時に配布された冊子。読み返すことでタメになる・勉強になる内容がたくさん掲載されているからこそ「捨てられない」と思う方が多いのでしょうが、当日の朝までこれっぽちもこんな情報が欲しい~と思っていたわけでも不便を感じていたわけでもないので無くても困りません。

もし必要になった時、今の日本社会だったらちゃんと手に入るのだから私たちって幸せですね♪
特にこういった情報の類は、それなりの機関にお願いすればちゃんと提供してくれます。

そうゆう安心感を自分が持っているかどうかが「捨てる」ことを可能に出来ると思うので、賢くなる(情報を探すことができる)ことって大事だなぁ~って思いました。

いきなり送られてくる通販のカタログなども、これまでに利用していたモノ以外は即ゴミ箱行きです。②にあるように、生活の中で「欲しい・必要」だと感じたモノしか欲しくない・支出したくないという気持ちが無駄使いを減らしてくれました。
ちょっとキツイ言い方をしてしまえば、こういったもので無駄な買い物をしてしまうのって、悪い物欲に負けてしまう自制の無い人間のような気がしてしまいます。

①に当てはまるモノのについてぴったりだなぁと思う言葉が「あったら便利=無くても平気」です。

これまでにたくさんの失敗(衝動買いなどの無駄使い)や、「捨てる」苦労を味わって得た教訓が「さようなら」の即決を可能にしてくれたように思います。

「捨てる」辛さを味わうことをただの「捨てる行為」で終わらせずに、反省(勉強)材料とすることができたからこそ繰り返さないようになったと思っています。
だから若い方が悩むのはある程度必要な通り道と考えても良いような気もしますし、それなりに年を重ねてきた方が現状を振り返って「改善したい」という気持ち(反省するココロ)を失ってないのであればきっと変われるハズと思います。

買わない(無駄使いをしない)だけでなく、必要でないモノを持ち込まないということも同様です。

どんなにモノの少ない生活をしていても「捨てる」行為は減らせることはできても、無くすることができません。

だからやっぱり生活していくうえでは上手に「捨てる」ことが出来るというのは必要なことだと思いますので、「捨てられない」という方で「捨てる」ことに罪悪感を持っていらっしゃるような方は、その思い込みをまず最初に捨てるようにしてもらいたいなぁ~と思います。


banner2.gif
↑確かに「捨てる」には罪悪感が多少つきものだよね~って方は是非クリックしてくださいね

それでもたまに衝動買いをしてしまう私。「買いたい病」に襲われたらピアスやハンカチ、マニキュア、ストッキングなどに決めて損害を最小限に抑えるようにしているんです。
時々、ケーキやクレープ、馬刺しやローストビーフ、そしてお花だったり。
高価じゃなくても幸せになれるモノ、見つけておくのもいいですよ~。

細々したモノに 

いつもコメントをくださるriruさんが、5歳のお嬢様の髪飾りゴムの収納方法を考えてらっしゃるというので、私も考えてみました。

開口部にチャックのついたプチビニール袋に入れてカゴにまとめておけばスッキリするし、選ぶのも簡単でとってもいいのですが、大人だったらこの方法良さそうです!

自分でお片付けできるようにと考える年齢だけれども、まだ面倒なことはちょっとムリですものね。

無印良品にあるこんなアクリルケースはどうでしょうか。
(もっと色んなサイズがあるんですよ。)
4934761479910_m.jpg
幼少期のカナちゃんにこんなケースが与えられていたら、きっと宝物を大事にしまって眺めていたことでしょう。自分専用の箱っていうのがやたらと嬉しかったっけな~。

「今日はこの飾り~。」って、おしゃまな女の子なれたかもしれません。
モノを大事に扱うようにもなるかもしれませんよね。


4934761485560_m.jpg
↓この仕切りを↑こっちに入れたりして使えるんです~♪ 男の子のミニカーとか小さめのモノでもいいかも。
4548076051510_m.jpg

明邦 ミニケース明邦 バーサス VS-3045 クリア

数がそんなに多くないとか、あるいはタイプ別に分けたいような場合にはコレおススメです!
なんと魚釣り用品なんですが、きっちりフタができる様々な仕切りサイズのものが格安で売られているんです。

ビーズやボタンなど、手芸をされる方にもいいですよね。

私はピアスの穴を3つあけているのですが、どんどん増えていくピアスをアクセサリーBOXだけで収納しようとすると大きくなってしまって場所をとるし、ドレッサーの引き出しからの出し入れをスムーズに行いたいので、色別にこういったケースにしまっておこうかしらと考えています。

banner2.gif
↑釣りグッズ便利そうかも!って方は是非クリックしてくださいね

全員ただちに! 

私が普段の生活で「使ったら戻す」を意識していることはこれまでも書いてきましたが、「使ったら」の他にも「帰ってきたら」というのもあるんです。

ドアを入ったら全員ただちに配置につけっ!

ここでいう全員とは
 ①スーパーで買ってきたモノ
 ②旅行かばんの中身
 ③郵便物
 ④毎日のバッグの中身
   、、、などなど。

はじめておウチにやってきたモノはもちろん、今朝ドアから出て行ったものも対象です。

①については袋のまま放置するようなことは禁止!包装を全部とって、冷蔵庫、洗面所、クローゼットなどなど定位置となるべきところにすぐにおいやります。

②は合宿や大会が多い部活動をしていたこともあり、帰宅後お茶を飲む前に済ませないと落ち着かないほど染み付いている行動です。
洗濯物は洗濯機へ、その他にも化粧品類や細かいものがたくさんありますが15分もあれば終了できるハズ。
母は旅行から帰って一週間とかカバンをごそごそやってモノを探しているようなところがあり、見ているこちらがストレスを感じるほどでした。

③郵便物は悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
私も最近まで悩まされていました。
常にテーブルの上に何通もの封筒やハガキが置いてあってなかなか片付かず、束ねて隅に置いておくのが精一杯の片付け方法でした。こうやってやっと根本的に解決出来ました。
                      保険証ケース
④ついついバッグに入れっぱなしで、必要なときに「どこかで見たんだけどな~」と探すのが保険証だったり手帳だったり。
以前はいろんな紙にいろんなメモを書いていたので、それもあちこちに行っていました。ちゃんと決まったメモ帳を数種類使うようになったら迷子もいなくなって大助かりです。

①~④のいずれにおいても、定位置があるものは即座に整頓が終了しますが、決められていないモノはやっぱり「とりあえずそのへんに」となりますよね。

かなり細かく決めてあったとしても、初めてやってきたモノには居場所がありません。
そこで私はこういった初めましてのモノやイレギュラーなモノにはすぐさま定位置を決めてあげることにしています。

「今日からアナタの定位置はここです!!」または「さようなら!!」ってな感じ。

突っ立ったまま手にして真剣に考えること1,2分。この時間を割くことが面倒で、判断を後回しにしがちですが、すぐにやることがすぐキレイにするためには不可欠なんですよね。

前回の冊子などは「さようなら」対象です。すぐに捨てたいのですぐに読みました。

ここで「さようなら」の判断の見極め方についても私なりの基準があるので、次回ご紹介したいと思います。

banner2.gif
↑「すぐにやる」が大事だけどそれが大変なんだよね~って方は是非クリックしてくださいね

ちょっと風邪にやられちゃって、キッチンに洗い物が溜まっています。すぐにやらないとすぐに散らかるなぁ~と実感。反省を込めた記事でした。ごめんなさい

しっかり読んでから 

こないだの日曜日に運転免許の更新に行ってきました!

優良講習なので、30分のビデオ鑑賞だけで終了~。その際にこれだけ色々なパンフレットなどが配られました。




さすがに「捨てるだけだから要りません。」とは言えませんよね。
警察権力には逆らえません(そうゆうコトでは無い、、、。)

県内の市町村別事故件数データなどをまとめた冊子やらは、取っておいても仕方が無いのですが、前回の更新時は取っておいていたような記憶があります。

あと、基本的な運転標識や、ルール、注意事項など書かれたものも優良ドライバーなので大丈夫!! しょっちゅう読むなんてあり得ません。

でも紙質やページ数、ちびまるこ一家のイラスト入り、、、のこれらの冊子、だいぶお金が掛かっていそうです。

1冊あたり何十円かの費用(税金)が投じられているんですよね。確かにこうゆう機会でもないと一人一人にしっかりと情報提供できる場は少ないのかもしれません。、、、、と思ったら「しっかりと目を通さなくては!」という義務感が沸き起こり、真面目に読んじゃいました。

2006_0117a0025.jpg
万が一の事故に直面したとき、当事者としてではなく居合わせた者だとしても、冷静に対処できるかな? 、、、と考えたら、応急処置のマニュアルだけはクルマに入れておいてもいいかな~なんて考えて、これだけ捨てないでおきました。

結局見なかったとしても、そしたらそれでいいや。、、、というキモチですが“捨てる”に徹底するよりも万が一の人命救助を優先しました。

ビデオの講習がちゃんと身に染みたようです。なんちゃって。

banner2.gif
↑公的な恩恵に感謝しつつ、ムダは省いてもらいたいね~って方は是非クリックしてくださいね

超ラブリーなピンクキャミで撮った照明写真でしたが、平成23年まで使う免許証だと知った途端少し焦りました。本人証明とかで提示する時ちょっと恥ずかしいかも。

いつになくガーリー 

このところ、キッチンの無機質な画像が多くて、なんとなく華やかさにかけていたので、今回はお花の紹介です。



ミニブーケとして売られていたものを買ってきて、花瓶に生けなおしてみました。
ブーケって、手に持って上から見るとカワイイんですが、お部屋に飾るとなると、そのままでは上手いこと引き立たない場合が多いんですよね。

まだ飾り方には自信がないので、これから機会を増やして上手になりたいです。

2006_0114a0019.jpg

こんな優しい色合いのピンクや白のお花ってあんまり買ったことなかったんですが、スイートピーの薄くて柔らかい質感に、自分まで女の子ちっくなキモチになれました。

ガーベラが主役でしょう!と思ったんですが、スイートピーやカーネーションのカワイさも全然負けてないですよね。こうゆう控えめな存在のほうが実は陰で人気を集めている、、、なんて、まるでアイドルや合コンのセオリーのようだと感じてしまいました(笑)。

数日リビングに飾った後、またアレンジし直して今度は玄関へ。
2006_0117a0031.jpg

こうやってしおれきってしまう前に数度手をかけてあげて、キレイを何倍も楽しんじゃうのが醍醐味です♪

banner2.gif
↑キモチもほんわか春らしくなるね~って方は是非クリックしてくださいね

たまにはこうやって“キレイ部門”の紹介や提案なども盛り込んでいきたいな~と考えています。
皆さまの応援クリックに支えられて、今後の展開をますます真剣に考えるようになりました。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします

生活感って 

前回の記事では、最近の冷蔵庫のデザイン性なんかについてもちょこっと触れたのですが、家電全般も徐々にオシャレ度があがっていっているようで、嬉しいことですね。

それでも、洗剤などのパッケージデザインって、どうもインテリアのことを考慮してくれていないような気がします。

売り場でどれだけ目立つかということばかり考えてデザインされているとしか思えないんですよね~。




と、文句をつけていながら、水切りカゴのシールを貼ったままにしていた私。
ちょっとしたことだけど、こうゆうのがあるとなしとでは印象がかなり違いますね。

オシャレ生活や雑貨を紹介している人気のブログなど拝見していると、そういった無駄な生活感が一切ないことに気付きます。

生活感って、悪いコトバじゃないと思うけど、必要のない色や文字はできるだけ排除させておこうと思いました。

タオルとかカレンダーとか、食品の容器などもそうですね。
隠しておけるモノと見えるところに置くモノがあるから、うまいこと使い分けたりして、ムダなく有効に、且ついい意味で見栄っ張りでいたいです。


banner2.gif
↑デザインに妥協しない買い物って贅沢よね~って方は是非クリックしてくださいね



こんなところに 

お気に入りの冷蔵庫とキッチンタイマーで~す!
お揃いっぽいところがいいでしょ? 、、、と、最近お揃いネタが多いですね。



5年前に一人暮らしを始めるとき、ちょうど家電リサイクル法が施行されるというので家電の買い急ぎ現象があり、乗り遅れた私は妥協したくないばかりに冷蔵庫・洗濯機・テレビの納入期間1ヶ月を辛抱して過ごしたのです。 
毎日スーパーに行ったり、週末にコインランドリーに通ったりしたっけ。
なんだか懐かしいです。

さて、そんな思い出の有る冷蔵庫なので、もちろん大切に使おうと思っていたはずだったのですが、先日、ふと冷凍庫の扉にこんなにもパンくずなどの汚れがあるのを発見してしまいました。

2006_0114a0025.jpg

急にこうなったわけではないのでしょうが、これまで気がつかなかったとは、、、、。不覚でした。

冷蔵庫の上のオーブントースターから落ちてきたのでしょうが、同時に開けていることも無いのに、徐々にこうなったんでしょうね。

前回ご紹介したミニ雑巾に洗剤を染みこませ、パッキン部分のうっすらと曇った汚れを拭き掃除しました。

2006_0114a0026.jpg

冷蔵庫の中身って、全部出したことないけど、やってみればけっこう汚れてたりするんだろうな~。と、早くも次の目標が見えてきました!

そのうちチャレンジしてみようと思います。

それにしても最近の冷蔵庫って、デザインや色のバリエーションが豊富になったし、省エネも進んで、庫内も広くなって、他にも鮮度を保ったり、栄養価をUPさせたり、、、目覚しい発展振りですね!

banner2.gif
↑オシャレな冷蔵庫で中身もオシャレにスッキリさせたいね~って方は是非クリックしてくださいね

布巾のセミリタイア 

お正月を機に、キッチンのテーブル布巾とタオルを新調しました。 

リビングはオレンジ色使いが多いので、キッチン小物はグリーンに揃えようとしています。
お鍋類も全部グリーンなんですよ。

3枚1組で300円くらいで売っていたおしぼりと、タオルがこれです。
お揃いってやっぱりスッキリ感がありますね!
安価にできる、こうゆう身近なところこそスッキリ感を大切にしたいです。




前に使っていたオレンジ色のものは漂白を繰り返しているうちにまだらになってしまいました。
1年くらいは使ったでしょうか。洗っても落ちないしみなどが出来てしまい、表舞台からは引退とあいなりました。

これをただ捨てるのではありませぬ! 5センチ四方にカットしてシンク下のカゴで待機してもらいます。

2006_0114a0023.jpg

使い捨てのミニ雑巾として貢献していただきましょう。
ゴミ箱にしている缶などもこのミニ雑巾でさっと拭くことができるからキレイを維持できるんです!なくてはならない裏方さんです。


banner2.gif
↑テーブル布巾が汚れてたら傍に置きたくないよねって思った方は是非クリックしてくださいね

このミニ雑巾をフル活用してあちこちキレイにしていこうと思っていますので、どうぞまた見にいらしてくださいね

髪の毛を溶かせ~! 

前々回の排水溝のお掃除にはたくさんのコメントを頂きました。
みなさんご苦労されているお掃除箇所なのでしょうね。

ヒトさんからも切実に解消方法を求めてらっしゃる様子のコメントをいただきましたので少し調べてみました。

排水溝はカビ汚れがつきものですが、臭いが気になるというご家庭もあるようです。

排水溝がにおうのって、管の内側にこびりついた汚れや髪の毛が腐食しているからなのだそうですから、このニオイの元を除去してあげないといけないんですね。

髪の毛ともなると、塩素系の洗剤(カビとりハイターとか)ではちょっとムリかな~。

ヌメリや髪の毛を溶かしてくれる強力な洗剤の出番のようです!

ライオンのルックシリーズのパイプマンや、ジョンソンのパイプユニッシュが有名なところですね。

一般にジェル状のモノがより強力な効果があるらしく(くっつくから)、顆粒タイプのモノは除菌・消臭効果があるそうです。

たくさん洗剤類を買う必要はないと思いますが、これだけの強敵にはそれなりの対策をしないといけないような気がしてしまいますね。

green.jpg
ここでちょっとグリーンの爽やかさに触れておきましょう。
葉っぱのツヤがなくなった箇所をカットしてあげました。また元気に茂ってね!


以前もパイプマンをおススメしてくださったサトケンさん(プロのお掃除やさんですよ~! 頼もしいことこの上ない方です。)がお風呂場掃除についての記事を書いてくださいました。

エプロンと呼ばれるバスタブのカバー(?)部分を取り外すと、そこにも驚くほどの汚れが隠れているのだそうですよ!
そこから臭う場合も無いとも限りませんね。勇気を出してみなさんお掃除してみましょ~!


banner2.gif
↑こまめにお掃除して原因を作らないようにしたいね~って方は是非クリックしてくださいね

自分のCMTTを考えよう 

2年ほど前にジャケ買いしたお気に入りの本をご紹介します。

表紙のかわいいイラストがす~っごく素敵ですよね!
内容も、それに勝るとも劣らないくらい充実していて永久保存版の1冊なんです♪



中山庸子さんの自分でも気づいていない、あなただけの魅力を見つける54のヒント

この方の本は他にもた~くさんあるんですが、どれも女性の素敵な生き方について書かれた素晴らしいものばかりです。大人の女性ならではの意見が満載で、こんな女性になりたい!!というお手本のような1冊です。


【もくじ】
1 ファッション―センスを磨くための9つのヒント
2 キャリア―自分らしく仕事をするための9つのヒント
3 生活―心地よく暮すための9つのヒント
4 人づきあい―好感を持たれるコミュニケーション9つのヒント
5 インテリア―快適に住まうための9つのヒント
6 生きかた―夢をかなえるための9つのヒント

今回これを是非とも紹介したかったのは、インテリアについても書かれた本だからというのもあるのですが、ファッションについて書かれた1章に、部屋作りについてとても参考になった部分があったからなのです。

私のCMTT方式  、、、という1節でこう書いています。

自分らしいセンスでものを選ぶために、私が意識していることをまとめた言葉が「CMTT方式」というものです。

・・・カラー(色)
・・・マテリアル(素材)
・・・テクスチャー(質感)
・・・テイスト(趣味)

自分の身の回りで、なんだか落ち着かない感じがしたり、ほとんど利用しないものは、たいていCMTTのどれかに違和感があるものです。


、、、これ、すっごく納得しちゃいました、私。

このサイトの右カラムで、【私が買ったモノ】を並べていますが、そこを見ていただければ私のCMTTが分かっていただけると思います。

マテリアルやテクスチャーは硬質なモノが多いですね。
シルバー、ガラス、木目を基調として、色味もさし色に黄色を多用しています。

家電類もほぼシルバーで統一しています。予算内でどうしても探せなかった電子レンジ、炊飯器はグレー。
濃紺のコーヒーメーカーと、白い加湿器はちょっと浮いている状態です。

部屋の真ん中に置かざるを得ないファンヒーターは、妥協したくなかったので、時間をかけて探しました。

以前も似たような記事を書いたことがあったのですが、何かアイテムを買い換える、または買い足すときは、このCMTTを意識していたほうが、最短でまとまりの有るインテリアに近づけるのではないでしょうか。

洋服でもそうですが、買っても買っても着る服がない状態って、テイストがバラバラで、着まわしが利かないワードローブだからだったりするんですよね。
ある程度ベーシックなものが揃ってからでないと“ハズシ”も上手いこと効かせられないのはファッションもインテリアも同じなのではないでしょうか。

雑貨など見ていると、ロマンチックテイストやアジアンテイストの素敵なアイテムに心奪われたりすることもあるのですが、「私のおウチには馴染むだろうか。」という点をじっくり考えて、諦めることも。

でもおかげで失敗も少なく、買い換えたいものを順番に買っていっているような気がしています♪

banner2.gif
↑統一感があるのってイイ気分だよね~って方は是非クリックしてくださいね


さすがにBERFOREはナシね 

玄関と水まわりを常にキレイにして積極的に運気UPしようと思っている今日この頃。

排水溝なんて、コレまでは最低限「詰まらないように」くらいの手間しか掛けていませんでした。

髪の毛キャッチャー・ネットにもっさり重なった髪の毛を、重ねたテッシュペーパーで包んで捨てるのがせいぜい。手が触れないようにそ~っと、そ~っと。、、、てな感じ。

お風呂の排水溝部分のフタです。これを取ったところが怖いのよね。



ヘアキャッチャーの下の部分などは、黒と濃いオレンジのヌラヌラ(カビ汚れ)にまみれていましたが、素手でハブラシだけで丁寧にお掃除しました。

BEFORE画像を載せたら死傷者が出るかも、、、という危惧のためAFTERだけです。
bath-2.jpg

はずせる部分は全部はずして、内側なども磨きましたよ。
もう、やってるうちに半分意地と言うか(笑)。無心の境地を感じることができました。

素材にもよるのでしょうが、塩素系の洗剤に漬け置きにしてからだと早くていいのかもしれません。

お風呂掃除では他にも洗面器やイスの裏などが見落としがちではないでしょうか。

洗面器の内側も、目には見えなくても水垢で少しザラザラしていたりするんですよね。
ちょっとだけ手間を掛けてお掃除してあげると、その何倍ものお返しとして毎日のシャワータイムがとっても気分よくなるから作業も楽しめます♪

風水では(最近この話多いね)「愛情運は浴室で決まる。」と言うのだそうで、それを聞いたらほっておけない箇所ですよね!
てか、私はちょっと必死になりました(笑)。

banner2.gif
↑BEFORE画像の殺傷力は少し想像できるかも~って方は是非クリックしてくださいね

3連休の間、コメントのお返しも出来ずにいましたが、たくさんのご訪問と応援クリックを頂きまして、本当にありがとうございました!! 
充実した休日を過ごせるのも皆さまのお支えあってこそと感じています


お掃除生活 BEFORE&AFTER 

前回の記事についてのコメントで、ラジオンさんから次のような質問をお寄せいただきました。

掃除は…週末やお休みにしてますか?
平日もやったりするのですか??

ココ数ヶ月でまるで違うお掃除パターンになった私ですので、BEFORE&AFTER風にご紹介しようと思います。

【半年前】
・掃除機・・・週末のみ。しかも隔週だったりする。
・床の雑巾がけ・・・掃除機の2回に1回ペース
・テレビや棚の上の拭き掃除・・・週末のみ

整頓はマメにやるほうだったので、どこに何があるかはいつも把握しており、自分が片付け下手だという自覚がありませんでした。
「なんでスッキリしないの?」と悩みつつも、腰が重い状態だったと思います。 

度々お話していますが、埃に対してかなり無頓着だったので、毎朝掃除機をかける主婦の方がいることについて「潔癖だね~」なんて思っていたくらいです。

雑誌類は束ねておいても、なかなか捨てるということが定着していなかったので、どんどん積み重なってしまっていました。

ちょっと良い所も付け加えさせてもらうと、お洗濯は大好きで、洋服や靴、バッグのお手入れはマメにやっていたんですよ~。


【3ヶ月前】 “捨てる”に目覚めた頃
・掃除機・・・やっぱりまだ週末のみ
・床の雑巾がけ・・・掃除機と同じペースになった
・テレビや棚の上の拭き掃除・・・2,3日に一度

まだこの頃は掃除機を掛けるのを面倒に思っていました。ブログを始めてお掃除について書いているのに、掃除機掛けが苦手なんてダメよね~なんて思っていたんです。

それでもテーブルや棚の上、床などが徐々にスッキリしていき、まもなく散らからない状態になってくると、拭き掃除回数が増えていきました。

捨てることがやみつきになってくると、夕食後はテレビよりも捨てる作業が優先していたほどです。

【現 在】
・掃除機・・・ちょっとした時間でもさっとできるようになりましたが週に2回程度です。寝室などの埃が見えると、さっと掛けています。
・雑巾がけ・・・床も棚の上なども、毎日どこかしら手をつけるようになりました。ちょっとした隙間の時間(お湯が沸く間、コーヒーを入れている間、CMの間など)にちょこちょこやる感じです。

年末にあちこちお掃除したら、クセがついて自然にマメになってしまったようです(笑)。なんでもそうですが、クセ(習慣)になれば楽にできるんですね。

トイレ掃除やシンク磨きもほぼ毎日やるようになりました。当たり前だよ~って言う方もいるのかもしれませんが、半年前の私には信じられないことです!

年末年始のお休み中に風水の本を読んだところ、玄関と水まわりのお掃除が大切だということを知り、排水溝などもせっせと磨き始めている今日この頃です!

今朝も醤油さしを磨きました。カメラが写るほどにピカピカにへんし~ん!
2006_0107a0017.jpg
2006_0107a0018.jpg


banner2.gif
↑短期間に随分変わったのね~って思った方は是非クリックしてくださいね

お正月飾りも今日でおしまいですね。夜までには忘れずに片付けなくっちゃ!!
七草粥も楽しそう♪ 季節行事大好きなカナです

「捨てる」トレーニング 

「捨てる」を進めてお部屋のモノが少なくなれば、加速度的にキレイなお部屋に近づくことが出来ると思っていますが、その「捨てる」を実行に移すのが最初にして最大の壁でした。

私もキッチンの小引き出しから始めて、ドレッサーの引き出し小さいカゴの中身を整理(捨てる)することを通じて、知らぬ間にコツコツとトレーニングを重ねてきていたように思います。

このサイトをご覧になっている方で、もしもまだ「でもやっぱり捨てられないの」と悩んでいる方がいらっしゃいましたらお財布の整理からはじめてみてはどうでしょうか。
                     
               【BVLGARI】

私もちょこちょこと整理するようにしていますが、毎回期限切れのクーポンや数枚のレシートが出てきます。

財布や引き出しなどの入れ物を整理するときに私が意識している方法は
中身を全部出して必要なものを入れていくというやり方です。

要らないものを除いていくというやり方よりも徹底して見直しをすることが出来ますよ。 
入れ物自体の汚れにも気付きますしね。
お財布をカラにすると、「こんなに薄っぺらくなるの!?」というくらい薄く、軽くなるのに驚くと思います。

引き出し類をいくつか整理した頃には「次のターゲットはどれだ~。」と、獲物を狙うように目ざとくあちこちをチェックするようになっていました。

文房具をしまっている3段レターケースなどは1度整理したものの、まだ甘い!!と、捨てるレベルがUPしてから再度(合計3回)見直しをしたくらいです。

こうやって「捨て中毒」になるとしめたもので、大きなものなども処分できるようになっているハズです!

banner2.gif
↑ちょっと前までひどかったんだね~って思った方は是非クリックしてくださいね

皆さまの応援クリックのお陰でしばらく上位をキープしているようです!
  本当に感謝感激です!!いつも本当にどうもありがとうございます

捨てられないキモチ② 

前回の記事については皆さまからたくさんのご意見を頂きまして本当にありがとうございました。

まだご覧になっていない方がいらっしゃいましたら是非コメント欄をお読みください。
私が悩んでいる間に、それぞれの方がそれぞれに丁寧なコメントをしてくださいましたが、どれも「そうそう!」と頷いてしまうような内容で、とってもお力添をいただいたようで感激していた私です。

難しい問題だな~と、かなり真剣に考えてしまいましたが、なかなか「捨てられないキモチというのはコレです!」ってな一言は見つかりませんでした。

すこし輪郭がぼやけた表現ですが、あえて言うならば、
「現状の自分への自信のなさ」という感じかしら、、、と考えた次第です。
単に不精だとかの例は別として、捨てることを不安に思うキモチに絞って考えたものです。全てには当てはまらないけど、私の場合かなりの部分がこれで説明できるような気がしています。

この表現に至るにあたっての、私の「捨てられない」経験談のほんの一部分を例にしてお話させていただこうと思います。
ちょっと長いのですがお付き合いくださいね。

 ①捨てられなかった教科書・ノート
学生時代に、すご~く勉強した生化学のテキストがありました。
注釈を書き加え、理解するまでとことん読み込んだので他のテキストよりもいくらか傷みが激しくて汚れていましたが、頑張った甲斐あって得意科目にもなったので愛着が湧いたのでしょうね。
社会人になって、読むわけでもないのに傍に置いてありました。
「頑張った自分」の証のように感じることを望んでいたのかもしれません。
また、その後の資格試験の勉強に使ったノート。これも同様です。
ただ書き殴って字が重なって、見たって何のことだか分からないようなノートなのに、見ると安心したんですよね~。
よく、過去の栄光を語る人がいますが、過去にしがみついているような印象も受けないとも限りません。
現状も輝いている人はそんなことしませんよね。
今の自分にイマイチ納得していないから過去の頑張った証(テキスト・ノート)が手放せないのかもしれないと思いました。


 ②ブランドバッグお買い物デビューの箱
これはもうお金の無いときに頑張って買ったという思い入れがあったからでしょう。今考えるとビンボーくさいですが、「買えたんだ」という満足感を得られるからだったのだと思います。箱どころか、カード利用控なんかを入れてくれるブランド・ロゴの入った封筒なんかも箱に入れて取っておいていました。
いくらか自分の使えるお金が増えた今、箱や袋に執着がなくなったことを考えれば、以前は「もうそうそう買えない」という不安というか、言ってみれば財力の自信のなさがそうさせていたのだと思います。
お金持ちに育って、欲しいものを苦労せず手に入れることができた方にはもしかするとこうゆう感覚は無いのかな。


 ③メール・手紙・写真
自分に手紙をくれる友人がいるという安堵感を感じられるからに他ならないですね。知人と写った写真なんかもたくさん取っておいていましたが、同じ理由だったと思います。
その時点でも交流がある友人のは割りにラクに捨てられたんですよね。捨てられなかったのは、その時点で遠くに行ってしまったような友人のものでした。お手紙や写真を捨てたからといって友人がいなくなるわけではないのに、繋がりの証が失せてしまうことによって、繋がりを感じることを失うのを不安に思ったのだと思います。

 ④換気扇カバー
前のアパートに引っ越した時に母が持たせてくれた換気扇カバーは、そこでは使えないタイプでした。2年して今の部屋に引っ越す時にもそれを持ってきて、また使えないからと保管していました。
「いつか使える」と思っていたんです。ビンボー性というかケチというか、その類ですね。換気扇カバーに限らず、いろ~んなモノがたくさんありました。
「いつか使える不要物」を「なくなったら困る」と思い込んでしまう類の漠然とした不安です。
モノにもよりますが、「無くても平気、自分は困らない!」というだけの自信がないということも多分にあるのではないでしょうか。
このタイプはきっと克服しやすい人が多いと思います。よっぽど高価なものや希少価値のあるものでもないかぎり、また手に入る時代です。
モノのない時代に苦労して生活した世代の人にとっては、私たちの世代よりも捨てるということが数段難しい問題なのかもしれません。


①~③は別に捨てなければいけないというものではないと思います。
その人がスッキリできればいいのだから、それぞれに基準があっていいと思います。

私のバイブルガラクタ捨てれば自分が見える(是非ともレビューを見ていただきたい!)には第6章で「人はなぜガラクタを溜めるのか」についてとても興味深い内容を記述しています。

上の③の例に近いのですが「自己存在価値という執着心」とタイトルを付けて書かれた部分にはとっても感銘を受けました。と共に大きな衝撃を受けたのも事実です。
それでも捨てる方が新しいものを受け入れることに繋がるから捨てたほうがいいのだと、とても納得のいくお話が満載されていますので、興味のある方は是非ご一読をおススメします!


banner2.gif
↑その具体例ちょっと分かるかも~って方は是非クリックしてくださいね

今後も色々と「捨てる」についての考えを、なるべく簡潔にUPしていきたいと思ってま~す

捨てられないキモチ 

お正月番組っていうのは毎年あんまり面白くないですね~。
と言っていながら「里見八犬伝」を見ながらのUPです。

素敵なお皿が欲しいな~とネットを探していたらすごいの見つけちゃいました!

オークションの「食器カテゴリー」に、東京ディズニーリゾートのお菓子の缶などが30円、50円で出品されているではないですか!

うぅ、、、。 買う人いないでしょ、、、、、。

出品する手間を惜しまずとも、捨てられないのでしょうね。
決してだらしないとか面倒臭がりやとかではないんだけれどもモノが多いお部屋に悩んでらっしゃる方なのかもしれないな~と思いました。

デザインはかわいいし、想い出もあるでしょうし、捨てられないキモチはわかります。分かります。

そしてまた、イオングループの小冊子「MOM」の読者投稿欄に、こんな記事が載っていました。

「同じ形のビンがたくさんたまっているのですが、何かに使えないでしょうか。」

、、、、、、捨てちゃえばいいのでは?

使う目的もないのに捨てられなくてたくさん取って置いている。
分かります。分かりますとも。

捨てられないって、完全に心理的なものですよね。
不必要なモノが多ければ、どんなにおウチが広かったとしてもお部屋で心地良く過ごすことは出来ないと思います。

要らないものがないという状態こそがスッキリとした心地良さそのものだと痛感した私。

捨てるということに何らかの不安があるからなのでしょうが、その不安の本質ってなんでしょうか。
どこから来るのかな~。きっと人それぞれに違いがあるのでしょうね。

そう、「もったいない」という日本の美意識が注目を浴びたこともありました。
これも捉える人によっては自分の首を絞めていることもあるんですね。
何事もバランス感覚を持たないといけないのよ~と改めて思った例でした。

不安について、その色々なケースを次回また考えてみたいと思います。

banner2.gif
↑簡単に捨てるのもどうかと思うし、難しい問題だよね~って方は是非クリックしてくださいね

お掃除で厄落とし 

明けましておめでとうございます

2005_1231a0026.jpg

清々しくて心が澄み渡るようなお正月の朝の雰囲気。気持ちが引き締まるようですよね。

神社へ初詣に行き、神妙なキモチになるのもいいものです。こんなに気分がいいことだったら年に数度キモチを入れ替える意味で詣でるのもいいかな~なんて考えてしまいました。

雪のない時期に神社の広い境内を箒で綺麗に掃き掃除している宮司さんの姿など見かけたりしますが、あれは境内の厄を掃き清める行為なのだそうです。

風水の本を見たりすると、風水=お掃除と言ってもいいくらい、基本は埃のない綺麗な状態であることを要求しているんですよね。

家の中の厄は埃という形で現れるから、まずそれを除去しなければいけないというお話。

運を上げようとツボやお札を買ったりしなくてもいいんだし、自分のキモチもスッキリと変えられるお掃除で運も上向きになったら言うことなしですよね!!

年末年始は実家とマンションを行ったり来たりしている私ですが、今日も実家にいながらも、マンションのお掃除がしたくてしたくて「どこから攻めてやろう」とメモしながらウズウズしちゃっていました。
いい流れだと思います。

正直言って、整頓は好きで苦にならなくても、埃に関しては無頓着だった私。
雑巾がけなどあまりマメにやる方ではなかったのですが、年末にあちこち拭き掃除したら勢いがついて、、、というか楽しくてクセになってしまったような気がします。

溜まった埃を掃除するのではなく、溜まらない様にお掃除をするという段階へ近づけたかな~。
今までは面倒で絶対ムリ!!と思っていた盛り塩なども出来そうな気がしてきました。

玄関ドアも丁寧に拭き掃除して、外側にしめ縄を飾りました。
神さまどうぞこちらへいらしてくださ~い!!
2005_1231a0027.jpg

またまた風水ですが、運もやっぱり玄関から入ってくるのだそうです。
玄関位置から龍脈と呼ばれる運気の通り道があって、部屋の中心を通って真っ直ぐに抜けるように位置するのだそうで、その部分は特に念入りにキレイにしておく必要があるのだとか。

年末には30日まで廊下にゴミ出し待ちのダンボールなど置いてましたが、2006年はぜ~ったいに置かないぞ!

banner2.gif
↑お掃除が厄落としと言われるとやる気も出るね~って方は是非クリックしてくださいね

年始のご挨拶にと、ちっこく登場してみました。 ちょっと緊張顔デス
↓鏡越しのカナです。どうぞ皆さま今年も応援宜しくお願いいたしま~す。
kana.jpg