ハンディ掃除機 

今度の「燃えないゴミの日」に捨てる予定の3品です。




ハンディ掃除機は、去年「駐車場に持っていって車の中も掃除できるし、お部屋でなんかこぼした時にも便利だし。」と思って買ったものだったのですが、検品がキチンとされていない粗悪品だったのか、充電スタンドごと後ろに倒した状態でないと充電がうまいこと出来ず、イライラすることが多かったのでさよならをすることに。

いつでも気軽に使える!と思った割には、手にすることも減ってきてしまっていたので決断することにしたのです。

無理して使おうと思えば使えるけれども、見るたびに気分が悪いようなモノは去ってもらった方がいいんだなんて、3ヶ月前の私だったらちょっと受け入れがたい考え方でした。

元あった場所から取り去られただけで、グ~ンと気分がよくなったこの感覚。
その場所も生き返ったようになったんですよ!!!
みなさんにも分かってもらいたいです。

こんな風に「直せば使えるモノ」を取っておいている人いませんか?

ほとんどのものが直せば使えるので、それが本当に「直してでも使いたいモノ」でないのであれば、早めに捨てちゃったほうが気分よく過ごせるお部屋になるかもしれませんよ。

banner2.gif
↑そういえば物置に何かあったハズ~って思った方は是非クリックしてくださいね


最初にして最大の難関 

私が片付けようと思ったとき、最初に超えるべき壁としてやってきたのが捨てるということでした。

雑誌1つとっても、一箇所でも気に入った記事があればとっておき、「これ大事だもんね~。」って思っていました。

お部屋に持ち込んだのにはそれなりにワケはあるでしょうが、多少なりとも興味や気に入った要素があったはずです。

だとしたらあれもこれも「コレ大事」となってしまい、溜まっていく一方ですよね。

このブログの第1回にも書きましたが、
整理=捨てる 整頓=元に戻すが重要だと考えています。
しかしこの「捨てる」が最初にして最大の難関だということは是非とも皆さんにお伝えしたいところです。
捨てる勇気を持ったときから劇的に変化した「キレイ生活」。ダストボックス
「やってもやっても片付かないスパイラル」からの脱出はまさに「捨てる」ことの実践でした

これが「お部屋をキレイにするブログ」でも一番のテーマだと思っているので、折にふれ「捨てる」の最初のステップについて書きたいと思っています。

banner2.gif
↑「捨てる」の苦手~って方は是非クリックしてくださいね



靴も衣替え 

雪国暮らしの私ですが、もう少しして雪が積もると、靴はもっぱらブーツのみになるので、玄関にはいくつかのブーツが並びます。

ここは思い切って履かない靴を全部箱に入れて収納してしまおうと思い張り切ってお片付けをしました。
一晩で50㎝とか積もるんですよ。パンプスさんは残念ながら出番なしです。

2005_1126a0007.jpg

収納本なんかでもおなじみのワザですが、分かりやすくするためにラベルをつけました。
写真を貼るといいなんて紹介されたりしていますが、費用をかけたくないのでこんなんで。


ヘタっぴな感じがいいでしょ?

さあ、この絵で、中に入れた靴がわかるのでしょうか。こちらを見ると分かります(たぶん)。

ちなみにブーツもこんな風にして片付けていました。
2005_1120otya0021.jpg
2005_1126a0049.jpg


さあ雪よ! いつでも来るがよい。

余談ですが、東京暮らしの弟&妹は、都会の積雪でややパニックになっているときも「すたすたすた~」と歩くことが出来るので、東北人バレバレなんだそうです。 おもろい。

banner2.gif
↑雪国の人もそうでない人も、是非クリックしてくださいね

タイツ収納の落とし穴 

冬のオシャレの1つにタイツ(orストッキング)がありますね♪

ホントにここ何年かの多様化ぶりは嬉しい限りです。
タイツが主役級のコーディネイトなんかもできちゃうし♪

2005_1126a0009.jpg
こんな風に丸めて収納している方が多いかと思います。

色や厚さをケースで区別しようと、私なりに工夫してきたつもりなのですが、少ないうちはOKでも、種類が増えてきたおかげで発生した昨シーズンからの悩みを解消しようと、目からウロコの改善を果たしました(大袈裟)。

2005_1126a0012.jpg
たとえばコレ。 地模様がヘリンボーンなのですが、広げない状態だと厚手の無地タイツにも見えてしまいますよね。

たくさんある中でも、似たり寄ったりのモノが多いため、朝の慌しいときに「コレじゃな~い!」となってしまう事態がたびたびあったので、思い切って柄付き・ラメ入りのものは丸めないでハンガーに吊るすことにしました。

2005_1126a0010.jpg


見た目はあんまり良くないですが、クローゼットの中で幅をとるわけでもないのでいい感じです。

針金ハンガーではなくて、スポンジの巻かれたハンガーだと、滑り落ちる心配もなく、なおよろしです。


banner2.gif
↑朝に選ぶのに不便だったことあるよ~って方は是非クリックしてくださいね
 皆様のおかげで、コレまでにないくらいランクアップしています





飾るって難しい~ 

こないだお部屋に両親が来たときに、とーさんがお部屋をグルリと見回して「シンプル過ぎるお部屋だねぇ。」と苦笑していました。

常々、実家が散らかっていることにダメ出ししている私に対しての含みがある言葉なのは承知ですが、確かにさっぱりしすぎていてアクセントになるアイテムがない状態に自分でも物足りなさを感じていたのは事実。

出費できる金額は限られているけれども、妥協して適当なものを買って失敗したくなかったのもあって、おあずけ状態だったというのが実情です。

アート作品をお部屋に取り入れたいと、ず~っと前から思っていたのですが、具体的に買うつもりでサイズや値段を吟味して、2つに絞ってみました。

あとは「いつ買うか」だけです。 最近出費が多くてねぇ、、、、、。

La Renaissance,1917-1947 ブラック
↑Braqueの作品です。ウォールナットの額装でベッドルームに置きたいな。
ホテルの1室みたいな雰囲気にしてくれそう。

Georges Braqueの他の作品はコチラ




アートポスター Samba One
↑Ray Rの作品です。 リビングの雰囲気を落ち着いたものにしてくれそうです。
かわいらしいけど、ちょっぴり大人っぽさも加えてくれそうな感じがしませんか?

Ray Rの他の作品はコチラ



私のバイブル本「ガラクタ捨てれば・・・」にもリビングについてこんな記述があるんです。
続きを読む

隙間にさしこんでない? 

定位置の決まっていないモノや、収納場所に戻しづらいモノって、お部屋のあちこちを彷徨って、いつも探し回るなんてことになりがちですよね。

テーブルの上に置かれているのはまだマシなほうで、妙な隙間にさしこんであったりするとまるで隠れんぼのように見つけられません。

  飾り棚の置物と置物の間
  ドレッサーのティッシュケースとボトルとの間
  キッチンの瓶と缶の間
  本棚の隙間
  家電の隙間 、、、などなど。

限りがないほど、あらゆる隙間がキケン箇所です。

こういった箇所にこんなモノ達が紛れ込んでいる私の実家、、、、。

①はがきや封筒        ⑪カメラ
②メガネ           ⑫キーホルダー
③財布や定期入れ       ⑬腕時計
④ライターやマッチ      ⑭はんこ
⑤ペン            ⑮使い古しの乾電池
⑥名刺やカード        ⑯アクセサリー
⑦領収書           ⑰本
⑧キャンディー        ⑱おまけの何か
⑨ポケットティッシュ     ⑲爪きりや耳かき
⑩MDやCD         ⑳小銭


どうしてそうなったのでしょうか? 原因を考えてみました。

A「戻す場所が面倒な場所にある」・・・①⑭
「戻す場所が決まっていない」・・・ほとんどがコレに該当
C「どうしたらいいか判断しかねてついつい」・・・⑮⑱
D「バタバタしていて置きっぱなしにしてしまった」・・・③⑨
E「その他」


AやBは、じっくりと考えて場所を変えたり、決めたりすれば解消できますよね。
Dは、片付けようと思えば片付けられるので実はそんなにやっかいではないはずです。

私の場合もA・Bについての改善をすることによって(かなり)散らからないお部屋になってきてしまいました。
この「なってきてしまった」と言うのが正直な気持ちです。

それまで「片付けても片付けてもキレイにならない」という状態だったのは、A・Bについて徹底的に考えていなかったということなんだなぁと痛感しています。

banner2.gif
↑色んなものが出しっぱなしだね~って思った方は是非クリックしてくださいね


キッチンのエレクターシェルフ 

キッチン収納は、吊戸棚とこの棚だけなのですが、以前はごっちゃごちゃでこの有様でした。

写真を撮るのもなんだか気が進まなかったのでしょう。
完全に見えてませんが、全体的にこんな感じでした。

2005_1009otya0005.jpg


2005_1009otya0004.jpg
4色のティーパックの箱の後ろに乾物が埋まっていました。使う都度、お茶をよせてゴソゴソ掘り出していました。
吊るしたキッチンツールの後ろの位置に調味料カゴが置かれていたり「ほんのちょっとの障害」に気付かないうちにプチいらいらをつのらせていたように思います。

ついついこのままにしてしまっている状態が長かったのですが、解消された後は毎日気分よく使えるし、キレイを維持したい気持ちが自然にわくので(今のところ)散らかることもありません。

2005_1120otya0013.jpg
片付けた後の全景です。
意外だけど、捨てたものはあんまりないんですよ! 
お茶なんかは買ったときの箱からお気に入りの缶に移したりしました。

2005_1120otya0009.jpg
一番下に花瓶を収納しています。うどんの箱は要改善ですね!

2005_1120otya0008.jpg


2005_1120otya0012.jpg



banner2.gif
↑キッチンの片付けは一苦労だよね~って方は是非クリックしてくださいね
 最近、ランキングが上昇していて更新の励みになっています、みなさん応援本当にありがとうございます


種類ごとに収納-乾物編 

キッチンで収納に困るものに乾物がありませんか?

干ししいたけやかつお節、きくらげ、高野豆腐、ひじき、春雨、etc

しょっちゅう使うわけではないから減りが遅いし、一袋がかさばるし。

使用頻度の高い他の食品に埋もれるようになっていたのをどうにかしなきゃと思い、軽さという利点を生かし、一まとめにして高い場所に置くようにしました。

2005_1120otya0011.jpg


軽いので、頭上の高さに置いても箱ごとひょいと取り出せるので凄く使いやすくなりました。


透明BOXよりもダンボールの方が見栄えが良かったのでこんな風にして使っています。

フランスのポスター画のポストカードでかわいくしてるつもり。
2005_1120otya0012.jpg


この棚の全景を次回BEFORE&AFTERでご紹介したいと思います。
乞うご期待!


banner2.gif
↑乾物に困ったことの有る方は是非ともクリックしてくださいね

種類ごとに収納-かびん編 

モノを片付ける時(収納する時)は、同じものをまとめて使う場所の近くに置いておくのがポイントだということはお片づけの鉄則てすよね。

時々部屋にお花を飾るのが好きな私は大小さまざまな花瓶をこんな風に収納しています。

2005_1120otya0010.jpg


100円ショップで買った透明BOXにまとめて、キッチンの棚の一番下に収納。
お花を生けるときは洗面所ではなくてキッチンでやるのでここにしました。

以前はテレビ周りにグリーンが多いこともあって、なんとなくテレビの裏に置いてたのですが、やっぱり生ける場所の近くの方が出し入れに便利だし、アレンジをこまめに変えたりしやすくて便利になりました。

これ以上花瓶が増えるとまた収納方法を考えないといけないですね。
BOXを2つにするか、増やさないようにするべきか、、、、。迷います。

banner2.gif
↑お花を飾るのって楽しいよね~って方は是非クリックしてくださいね




事件現場 

ちょっとばかり更新をSTOPしていました。

先週はお仕事が終わって帰って来るとバタンキュー状態で、リビングの床に突っ伏して熟睡していたという日が3日もありました(なぜか決まって夜中の3時に目が覚めてベッドへ移動)。

金曜日の夜に気付いたのですが、カーペットにベージュの汚れが!

そう、突っ伏して寝ていたまさにその現場の模様であります。

朝に丹精こめて塗りたくった何層かを成す様々なベージュが付いているかと思うと、「取れなさそう、、、、」というあきらめの気持ちが湧いてきました。

が、仮にもお掃除ブログの管理者である以上、簡単に諦める訳にはいかず、アクロンを濃い目に薄めたものでたたき洗いしてみました。
2005_1120otya0017.jpg


BEFORE・・・クリックしてブラウザを最大にして見て下さいね。
a0016before.jpg

AFTER
a0018after.jpg

どこが汚れていたか全く分からないくらい見事にキレイになってくれました!

すすぎのたたき洗い3,4回も含めて5分程度でキレイになってしまい、拍子抜けしてしまいました。 諦めなく良かった♪

予想外に余ってしまうこととなったアクロンで、シルクスカーフを手洗いすることもできましたよ!

さて、明日からもお仕事がんばるぞー!


banner2.gif
↑床で寝ちゃったことある方は是非クリックしてくださいね

更新しない間にもクリックしてくださっている方がいらっしゃったようで本当に感謝のキモチでいっぱいです。



ベッドの下を片付けました 

ベッド周りの整頓状態は眠りの質に影響を与えるというので、片付けを伸ばし伸ばしにしていたベッド下のモノを引っ張り出してみました。

2005_1109otya0012.jpg


普段の掃除機掛けでは吸い取りきれていなかった綿ゴミと一緒にこんなにモノが出てきました。
 
①手前は大型の紙袋、この量まで捨てないでよいことに決めた量です。
②ピンクの袋からは大昔のカレのジーパンやTシャツが出てきました。
 あ~、なんとなくあるような気はしてました。ポイ!
③その横の白い箱は加湿器の箱。モノ入れ上部に移しました。
④上にある白いバッグは保冷バッグなので取っておきます。
⑤薄いピンクの箱は電気敷き毛布。
 これから活躍してくれるのでそのままここに置いてもいいや。
⑥その横の箱にはこれまた大昔のカレのCDが10枚ほど。
 捨てちゃお(ごめんねー)。
⑦箱の上のビニールにはこれまた男性用身だしなみアイテムが(もうイヤ)。ポイ!
⑧立てかけた木の板はパンのカッティング・ボード。使わないなぁ~。


結局、ベッド下には①紙袋と⑤電気毛布箱が収まることになりました。
もうここには他のモノは置かないぞ!

⑥と⑧の他にも本を40冊くらいリサイクルショップに持って行きましたが、本しか買い取ってもらえませんでした。
なんだかちょっとがっかり、、、、厳しい査定するんですね。


寝室って、お客さんなど、よその人が入る部屋ではないからか、不要物をとりあえず置いておくお部屋になりがちでした。

ついこないだ(8月ころ)まで、使っていないステッパーや、会社での研修資料学生時代の読みもしない専門書がただほったらかしにされたままだったのです。

全部を処分したときの清々しさと言ったら!アラームクロック


そして以前の枕元には常に本が山積状態で、学習用電気スタンドと箱ティッシュが無造作に置かれて殺風景だったのですが、全部を一掃してお気に入りアイテム投入で今ではリラックス・コーナーへと変身しました。

風水的にも、寝ている時には寝ている空間からのエネルギー(運気)が頭から吸収されるそうなので、寝室(特に枕元)のキレイ度は翌日の運気に直結するんだそうです。

散らかしたままだといけないんだな~って思わずにはいられないですよね。

実家の母の部屋でも、まるごと使っていない整理棚が2つとか、大袈裟ではなく、布団以外のものは8割程度が捨ててもいいモノです。
あれはなんとかしなくちゃいけないな~。


banner2.gif
↑ベッドの下って見落としがちかも~って方もクリックしてくださいね
 みなさんの明日の目覚めがさわやかでありますように





その手をSTOP! 

さあみなさん、そのままの格好でちょっとSTOP

右手を顔の高さまで上げて、手首をクルっと回転させてみてください。

普段何気なく手を添えているマウスちゃんの裏側をチェ~ック。

2005_1109otya0014.jpg

綿ゴミがくっついて、毛糸のようになっていました。

部屋のあちこちでPCを使うので、マウスパットは使っていませんでした。そのせいなのかもしれません。

2005_1109otya0016.jpg

そばにあったシャープペンシルで取ろうと思いましたが、案外とれませんでした。
お掃除の友である使い古しのハブラシでガシガシ。

ついでに側面のミゾなどもガシガシ。

2005_1109otya0017.jpg

おぉ! こんなにキレイになりました。キーボードも隙間がちょっと埃っぽい感じだったんですが、これは綿棒で地道になぞってキレイにしました。

細かいところを集中してピカピカにするのって、とっても充実感を味わえます。 リモコンなんかもやってみたくなりました。

banner2.gif
↑そういや毎日使ってる割に掃除しないよね~って方もクリックしてくださいね



収納(物入れ)内部② 

今回は、前回の物入れ内部の棚のBEFORE&AFTERについて、かんたんに説明しようと思います。



ぶら下がっていたデニムの袋には冬の友であるカイロが入っていたので、これはドレッサーへと移しました。
 
ガムテープとビニールヒモはもっぱらゴミだしの際に使っていますが、見栄えが悪かったので黒い箱へ入れ、一番下の段へ移動。

35MMフィルム式のカメラは捨てて、たくさんあるお守りは箱へしまいました(おおみそかに神社へ忘れずに持っていかなくちゃ!)。

一番上があまり収納として機能していなかったので、使用頻度の少ないものを入れました。

2005_1109otya0008.jpg

下から2段目には観光案内の雑誌などが置いてありましたが、ディズニー系の数冊は処分。

一番下の段がゴチャゴチャしていたので、すこし整頓しました。
あまり使っていないものもまだ多かったようなので、再度捨てるものを探す余地はありそうです。

2005_1111otya0007.jpg

上から2段目のカゴにはこんなものが入っています。
左端はサプリメント。これを銀のトレイに毎晩移して持っていき、食後に飲んでいます。

上から三段目はほとんどモノを置かずに作業台として使えるのでとっても便利ですよ!

2005_1111otya0008.jpg

真ん中は簡単な工具入れ。組み立て式家具のネジなんかも入っています。右端のかごは各種文房具です。

毎日のように使う使用頻度の高いもの(←リンク)は別にありますが、それほどでもないものがここにまとめて置いてあります。

だいたい、この棚の「どこに何があるか」は把握しているので、例えば誰かに「下から○段目の、■色の箱の中に△があるから」といったナビも完璧に出来るつもりです!
とにかく何かを探すというイライラがとっても苦手なので、全てのモノに定位置を決めてあげるというのは徹底してやりたいところです。
出すのはもちろん、しまうのも簡単ですよ!

もうちょっと見栄えが良いとさらにいいのですが、これからの課題にしたいと思います。

banner2.gif
↑こんな風に片付けてるんだ~って思った方はクリックしてくださいね




収納(物入れ)内部 

リビングに入ってすぐのところからドアを開けると、そこに作り付けの収納(物入)があります。

奥行き90センチ、幅1メートルほどでしょうか、この中にすのこ棚(なんと驚くほどにぴったりサイズだったのです!)を置いて、細々とした物をいれています。

この部分はずっと片付いていたという認識でしたが、いつのまにか雑然としてきていたので、整理しなおすことにしました。

片付けの途中で写真を撮ったので、とっても乱雑に見えますねー。
ほんとはもうちょっとマシでした。




2005_1109otya0008.jpg


捨てるのモノはそれほどありませんでしたが、入れ物の箱なども分かりやすく整理しなおすなどして、すっきりとさせました。

2005_1109otya0009.jpg

2005_1109otya0010.jpg

どうでしょう。ちょっと見えにくい写真ですが、だいぶ片付いた様子がわかっていただけるでしょうか?

次回はもうすこしこの棚の細かい部分についてご説明したいと思います。

banner2.gif
↑なかなか片付いたんじゃないの~って方は是非ともクリックしてくださいね
 久々のBEFORE&AFTERですが、やっぱり恥ずかしいものですね

広い面積を占めるモノ 

お部屋の中で広い面積を占めるモノといえば、壁、床はもちろんのことですが、カーペットやカーテン、ベッドカバーが主なモノですね。

その人らしいお部屋を作るうえでの雰囲気を大きく左右するアイテムではないでしょうか。

img08653170.jpg


テーマ・カラーを決めて、なるべく色を抑えたほうがゴチャゴチャせずにまとまった印象を作るのに手っ取り早い方法だと思います。

私のお部屋は家具などは白とダークブラウンでまとめて、そのほかのカラーはオレンジで統一しています。

カーテンやベッドカバー、そのほかのちょっとしたファブリックなどは全てオレンジで、さし色に黄色を使っています。

去年の12月頃でしょうか、新年を迎える前にベッドカバーを新しくして気分一新を図ろうと、それまでのセンスのカケラもないカバーを、好みのちょっとオシャレなモノに変えたところ、寝室の雰囲気が一気にグレードアップしてくれました。

img10121833391.jpg


それまでは、気に入って買った赤いベッド・スプレッドもあったのですが、面倒くさがりの私は毎朝キチンとベッド・メイキングをするわけでもなかったので、足元になんとなく畳まれているままで、時にはそれ自体が邪魔にさえなっていたのです。

カーテンを買い換えるのは少し出費がかさみますが、掛け布団カバー(←リンク)であれば手軽に買い換えることができますよね。

同じものを2枚買って、洗い換わりにすることも可能です。

片付けが進んでいない状態なら、寝室はきっとゴチャゴチャしがちなところではないでしょうか(私はそうでした)。 

面積を占めるモノで雰囲気を変えれば、なりたいお部屋のイメージが湧いて、どんどんキレイが加速すると思いますよ!

ましてや汚れたままのカバーだったらすぐに取り替えた方がいいですね!
睡眠って、エネルギー(運気)充電timeだから、運気UPには清潔な寝具が欠かせないんですって。


banner2.gif
↑朝のベッド・メイキングって面倒くさいよ~って方もクリックしてくださいね




「あげる」こと再考 

使えるけど私にとって不必要なモノ、新しいけど私には不必要なモノをだいぶ友人などへ譲って、お部屋には多くのスペースが生まれました。

こころよく譲り受けてくれた友人には感謝です。そのうえ私に感謝してもらえてこのうえなくイイ循環だったと思います。
ギフトラッピング

あげる時には「私、欲しくて買った(人からもらった)んだけど、結局使わないから、もし使うようだったらあげるよ」と言って、受け取ることを強要しないようにします。
もうちょっと言うと、断る選択肢を与えて、明確に「使うから貰う」という回答をもらったらあげるようにしています。

自分が不要で困っていた問題を人に押し付けるようなことはしたくないからです。

私もそうですが、人の好意だと思うと断りにくい人が多いですから、断られることを前提にして「使う?」と訊ねます。

これは私のバイブル「スピード整理術」の中でも似たような記述がありました。

ただ、本の中では「要らなかったら捨ててね。」と言うようにしているのですが、捨てる面倒を含めているところは私はあまりお手本にしたくない箇所だなぁと思いました。

友人が、義理の兄夫婦に新築祝いでプレゼントしたテーブルランプを飾ってくれていない!と憤慨していたことがありました。

彼女いわく「せっかく人が選んであげたモノだったら普通飾るでしょ!」と。テーブルランプ

そうかな~と思いました。彼女はプレゼントする自分の立場でしか考えていないような、、、、、。
はっきり言って「あげる側の驕り」を感じてしまいました。

もらったモノに迷惑したとか困った経験(←リンク)がないのかもしれません。

贈り物というモノには特に贈った側のキモチが込められているのが通常ですが、貰った側がどうしても気に入らない、趣味に合わなかったという事態は悲しいかな起こりうることですよね。

それでも、贈ってくれた人のことを考えて飾っておくのはとても優しい行為だと思います。
しかしどうしても気に入らないものを義理立てして「何だか気に入らないけど、悪いから、、、、」と飾り続けるのは自分を犠牲にする行為ではないでしょうか。

気に入らなかった貰い物を処分するのは贈り側のキモチを処分することではないのですから、自分が心地よい空間を作るようにして欲しいと思います。
ペアマグセット
私もそんな風にして処分できないでいた結婚祝いのマグカップや、北海道土産のガラス製品3つを捨てました。

お土産って買うほうが楽しいんですよね。
買う側には色んな感動が付随するけど、貰う側にはただのモノでしかないってことを覚えておかないと押し付けがましい人になってしまう危険大です!気を付けようっと!

banner2.gif
↑困ったことなんてないよ~って方もクリックしてくださいね
皆さんからの応援が私にはとっても嬉しいプレゼントです

まだ前のままだったりして 

11月に入って間もないですが、カレンダーは11月になっていますか?
とか言って、私は3日になってから変えました。いつも3,4日頃に変えがちです。反省。

こういった「変えるタイミング」がハッキリしているものは遅れることなく変えたいですよね!

ところで11月になると同時にハロウィンが終わったわけですが、お部屋にハロウィングッズ、まだ飾ったままではないですか?

実のところ、私のお部屋にもオレンジ色のカボチャが置いてあります。
顔についていたシールは剥がしましたが、なんだかかわいいので捨てにくくて「もうちょっと飾っておこう」と。今週一杯飾っておいて、潔く捨てる予定です。
メタリックスレークリスマスリースガラスのクリスマスツリー
お雛様に限らず、季節モノ・イベントモノは早めに飾って早めに片付けるに限りますよね。新鮮さを感じつつ長く楽しみたいから、イベントが終わっても飾るのではなく、取り入れるのを早めに!
ボードツリーメタルトナカイ


次はクリスマスの雰囲気をお部屋に取り入れたいから、ステキな飾りを探して早く楽しい空気で満たしたいと思います。

私はかわいいChristmas Tree モビール(←リンク)で飾ってあげる予定です♪ ワクワク

banner2.gif
↑クリスマスにはまだ早いかもよ~って方もクリックしてくださいね


恥ずかしい冷蔵庫 

テレビ番組で何の前触れも無く一般家庭にテレビクルーが訪問する類のものがありますね。

見られて恥ずかしくない状態であれば問題ありませんが、やっぱり急となると慌てる方が大多数ではないでしょうか。

お部屋が片付いていたとしても、冷蔵庫チェックはちょっと、、、、、。
冷蔵庫の中って、なんだか女としての質とか力量が露呈されるみたいな気がしてしまいます。
男性もですが、それ以上にね

中身を詰まらせがちな人が「小さいからいけないんだ」と言って大きいモノに買い換えるなんてのは往々にしてよくあるパターンです。
買い換えてもきっと結果は同じハズ。

一人暮らしなのに冷蔵庫を一杯にしがちな私は
この1週間ほど、冷蔵庫内完全消費週間(?)を決行中です!

冷蔵庫

それほどギュウギュウ詰めではないにしろ、理想の「あんまりモノが入ってない状態」「足りないと思うくらいの状態」ではなくなっていました。

  塩蔵ワカメが2パック。
  ヨーグルトの小パックが5つ
  保冷剤が大小4つ
  いつのだか分からないお弁当ミニハンバーグが出現
  冬に買った(と思われる)お餅が出現
  タッパーに入れた冷凍卵の白身が出現
  お肉数種類が冷凍庫にとにかくたくさん 


保冷剤とミニハンバーグと白身は捨てました。ハンバーグに「ごめんね」と。
ワカメはお味噌汁にして1パックに減らしました。
お餅は昨晩の主食に。あと2切れは明日の晩ごはんの予定。
お肉はほとんど食べつくしました。残りを食べきるまでは買い物に行かない覚悟です。
ヨーグルトはこれからおやつにします。

これまでも食材を傷めてしまって捨ててきた失敗は何度となくありました。
とっても自分が情けな~くなる行為です

ズワイガニ(←コレだけはあっという間に食べちゃいます。)

それでも最近の変化として
片付ける作業を進めてきてからは何事にも「今あるものを把握する」「使い切る」という習慣が身についてきたように思います。

「モノを眠らせない」「活用するものだけを存在させる」という意識があれば無駄な買い物をしないことにも通じますし、当然に溜め込んでしまうという事態にもなりませんね。

もし、冷蔵庫がギチギチで、手前しか使っていないというのなら、迷いを捨てて一掃してみてはどうでしょうか。

食品は多くの場合「いつか使える」という考えが当てはまらないので、勢いよく捨てることが比較的易しいハズですよね。

ちゃんと「食べて上げられなくてごめんね。」と言ってあげることが気持ちの整理にもなってくれる大事なポイントだと思います。


banner2.gif
↑食べ物を捨てるのって辛いのよ~って方もクリックしてくださいね
     いつも応援ありがとうございます